食べる・飲食:福岡博多よかとこエリアガイド

福岡をこよなく愛する人のためにお届けするふくおかのエリアガイドに関するサイトです。ビジネスから観光、遊び所まで幅広く紹介しております。

食べる・飲食

天ぷらあきよし

カウンターに座ると 目の前に室見川が一望できのんびり出来ます。

室見川の夜景を楽しみながらオーナー自作の器に、旬の素材の天ぷらのコースを各地の地酒と共にお楽しみ下さい。貸切りでのご会食も承っております。(15名様より20名様)
カウンター 8席、堀ごたつ 2テーブル

■ランチ
天丼膳 1,050円(税込)
※ランチ時間 平日のみ 11:30~15:00 (14:00 オーダーストップ)
※季節によって多少内容がかわることがあります。

■お料理
お昼の天ぷらコース 1,575円・2,100円・3,150円
(税込)
白魚コース(2月中旬~4月中旬)
3,150円・4,200円(税込)
夜の天ぷらコース 2,100円・3,150円・4,200円
(税込)
白魚コース(2月中旬~4月中旬)
3,150円・4,200円(税込)
※クレジットカードはご利用頂けませんのでご了承下さい。

【天ぷらあきよし】
◆所在地;〒819-0015 福岡市西区愛宕3-1-17 とり市奥マンション1階
◆TEL; 092-885-3311
◆休み;年中無休(正月休みあり)
◆営業時間 11:30~15:00(14:00オーダーストップ)
17:00~22:00(21:00オーダーストップ)
◆駐車場 とり市、三四郎駐車場がご利用いただけます。


本来は天ぷらのお店ですが、春には室見川の白魚も楽しめます。
福岡に春の訪れを告げる白魚料理もぜひお勧めです。

福岡市西区の室見川には2月~4月中旬くらいまで白魚(しろうお)が遡上してきます。
室見周辺には、この白魚をコースにして味わえるお店がいくつかありますが、中でもこの「天ぷらあきよし」は格式ばらないカジュアルな雰囲気で気軽に利用できると思います。

コースのなかでのハイライトは、やはり踊り食いでしょう。
とれたばかりの元気な白魚たちが、泳いでる 泳いでる!!
網で白魚をすくってポン酢につけて食べてみましょう。
ちょっと勇気が要ります(笑)味と言うより食感を楽しむ料理ですね。

初めてのかたにはインパクト大かもしれません。
このイベント性、スペシャル感が良いんですね。
皆さん歓声を上げながら楽しそうな様子で召し上がっています。
この時期だけに食べられる白魚の踊り食いは、まさに季節のご馳走です。

その後、天ぷらなどの料理が続き白魚コースが終了。
揚げたての天ぷらは、さすがに専門店の味でした。


福岡 春の風物詩~シロウオ(白魚)の踊り食い

福岡に暮らす人々に春の訪れを告げる白魚。地元では「シロウオ」と呼ぶことが多いようです。

福岡市西区と早良区の間を流れる室見川に、 シロウオ漁の「やな」と呼ばれる仕掛けが並ぶと、今年も「春がきたな~♪」と実感します。

春の訪れとともに室見川の水がぬるむと、シロウオたちが博多湾から室見川へとやってきます。
そのシロウオを「やな」という仕掛けを使って漁をします。

室見川での伝統的なシロウオ漁は、300年以上も前から続くものです。
福岡の人にとって 、シロウオは昔から親みのある魚なのです。

室見川でとれるシロウオは、体長約4~5cmのハゼの仲間で、背中に1列の黒点があり、白く透き通った小魚です。

すでにシロウオ漁も最盛期に入っています。
春先には室見川でシロウオ豊漁祈願祭が行われ、シロウオ漁が解禁になります。

このシロウオは、 室見河畔の期間限定店舗「春日亭」や、「三四郎」などの 飲食店や料亭などで味わうことができます。

シロウオは、お吸い物やかき揚げ、炊き込みご飯や柳川風など、さまざまな料理で楽しめます。
中でも、とれたばかりのシロウオを、生きたまま味わう「踊り食い」が
福岡の春の一番のごちそうとして有名です。
ちょっと恐る恐るですが、つるりとしたのど越しを味わってみましょう。


☆シロウオ(白魚)が楽しめるお店(2月中旬~4月中旬予定)☆

最寄駅は地下鉄室見駅→ 歩いてすぐの室見川沿いに並ぶお店です。

内容については毎年変更の場合があるので、詳細に関しては事前にお問い合わせ願います。


【とり市】 ℡092-881-1031

☆白魚コース 8,820円
白魚踊り食い、季節の前菜、白魚のお吸物、お造り、
季節の焼物、白魚のかきあげ、白魚のたまごとじ、
若布のすり流し、白魚ごはん、フルーツ


【生魚料理 三四郎】 ℡092-881-3001

☆白魚コース 3465円
白魚踊り食い、突出し、白魚のお吸い物、お刺身、
白魚のかきあげ、白魚のたまごとじ、中鉢、もずく酢
白魚ごはん、フルーツ


【春日亭】 ℡092-891-3915

☆平日限定の「春のつくし膳(1,980円)」
白魚踊り喰い、白魚飴炊き、わらじあげ、白魚柳川、白魚ごはん、
おすいもの、ソフトドリンクorハイボール
※今年はこのコースは無くなっていました

☆白魚コース A,B(3000円~)
白魚踊り喰い、白魚飴炊き、わらじあげ、白魚柳川、白魚茶碗蒸し、
白魚炊き込みごはん、白魚のおすいもの、フルーツ


白魚(しろうお)料理~春日亭、室見川河畔

福博名物白魚(シロウオ)料理店 春日亭をご紹介します。
福岡に春の訪れを告げる、室見川の期間限定春の味をお楽しみください。

開店時期は毎年2月中旬~4月中旬ですが、変更の場合もあるので、事前にTELなどでご確認ください。
春日亭は地下鉄室見駅そば。室見川沿いに徒歩で7~8分程の所にあります。のぼりなどが立っているのでわかりやすいと思います。


【春日亭入口】白魚(しろうお)料理 春日亭
季節限定スペシャル感が良いですね。

【室見川から見た春日亭】白魚(しろうお)料理 春日亭
川にあるのが「やな」という白魚漁の仕掛けです。

【春日亭の内部】白魚(しろうお)料理 春日亭
春とはいえ、まだまだ寒いのでコタツがうれしいですね。

なお しろうおの踊り食いは、白魚コース A・B に付きます。

お子さま用のミニセットなどもあるようです。
他に単品も用意されてます。
※なお今年は平日限定のお得ランチはありませんでした。

春日亭 営業時間:11:00~22:00(21:00 オーダーストップ)
【メニュー】

白魚コース   A      3,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
白魚コース   B      4,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
白魚膳(平日のみ)     1,800円
注)このメニューは無い年もありますので要注意

※年によってメニュー内容と価格が変動しますのであらかじめTELでご確認していただくことをお勧めします。


☆「白魚コースA((3,000円)」
白魚踊り喰い、白魚飴炊き、わらじあげ(かきあげ)、白魚茶碗蒸し、
白魚ごはん、白魚のおすいもの、デザート(フルーツ)

【白魚コースA~白魚踊り喰い】白魚(しろうお)料理 おどり食い
透き通った白魚たちが、元気に泳いでいます。
恐る恐るトライ!!つるっとしたのど越しを楽しむ料理です。
三杯酢とウズラの卵でいただきます。

【白魚飴炊き】白魚(しろうお)料理 飴炊き
佃煮風の甘辛い味付け。
【白魚かきあげ】白魚(しろうお)料理 白魚かきあげ
コレがメインディッシュ。巨大な姿がインパクト大!
【白魚茶碗蒸し】白魚(しろうお)料理 白魚かきあげ

【白魚ご飯】白魚(しろうお)料理 白魚かご飯

【白魚お吸い物】白魚(しろうお)料理 白魚お吸い物
火が通った白魚は怖くない。安心して食べられます。
【フルーツ】白魚(しろうお)料理 フルーツ

【白魚一品料理メニュー】白魚(しろうお)料理 メニュー


【白魚(しろうお)料理~春日亭】
◆営業時間 ; 11:00~22:00 (21:00 オーダーストップ)
◆場所; 福岡県福岡市西区愛宕1丁目
      室見筑肥橋横 室見川河畔
◆TEL; (092)891-3915
◆予約; 土、日曜は混雑が予想されますので、予約が望ましい。
      



Page: <<前の10件  1 < 2
 
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0