福岡 春の風物詩~シロウオ(白魚)の踊り食い:福岡博多よかとこエリアガイド

福岡をこよなく愛する人のためにお届けするふくおかのエリアガイドに関するサイトです。ビジネスから観光、遊び所まで幅広く紹介しております。

福岡 春の風物詩~シロウオ(白魚)の踊り食い

スポンサードリンク

福岡に暮らす人々に春の訪れを告げる白魚。地元では「シロウオ」と呼ぶことが多いようです。

福岡市西区と早良区の間を流れる室見川に、 シロウオ漁の「やな」と呼ばれる仕掛けが並ぶと、今年も「春がきたな~♪」と実感します。

春の訪れとともに室見川の水がぬるむと、シロウオたちが博多湾から室見川へとやってきます。
そのシロウオを「やな」という仕掛けを使って漁をします。

室見川での伝統的なシロウオ漁は、300年以上も前から続くものです。
福岡の人にとって 、シロウオは昔から親みのある魚なのです。

室見川でとれるシロウオは、体長約4~5cmのハゼの仲間で、背中に1列の黒点があり、白く透き通った小魚です。

すでにシロウオ漁も最盛期に入っています。
春先には室見川でシロウオ豊漁祈願祭が行われ、シロウオ漁が解禁になります。

このシロウオは、 室見河畔の期間限定店舗「春日亭」や、「三四郎」などの 飲食店や料亭などで味わうことができます。

シロウオは、お吸い物やかき揚げ、炊き込みご飯や柳川風など、さまざまな料理で楽しめます。
中でも、とれたばかりのシロウオを、生きたまま味わう「踊り食い」が
福岡の春の一番のごちそうとして有名です。
ちょっと恐る恐るですが、つるりとしたのど越しを味わってみましょう。


☆シロウオ(白魚)が楽しめるお店(2月中旬~4月中旬予定)☆

最寄駅は地下鉄室見駅→ 歩いてすぐの室見川沿いに並ぶお店です。

内容については毎年変更の場合があるので、詳細に関しては事前にお問い合わせ願います。


【とり市】 ℡092-881-1031

☆白魚コース 8,820円
白魚踊り食い、季節の前菜、白魚のお吸物、お造り、
季節の焼物、白魚のかきあげ、白魚のたまごとじ、
若布のすり流し、白魚ごはん、フルーツ


【生魚料理 三四郎】 ℡092-881-3001

☆白魚コース 3465円
白魚踊り食い、突出し、白魚のお吸い物、お刺身、
白魚のかきあげ、白魚のたまごとじ、中鉢、もずく酢
白魚ごはん、フルーツ


【春日亭】 ℡092-891-3915

☆平日限定の「春のつくし膳(1,980円)」
白魚踊り喰い、白魚飴炊き、わらじあげ、白魚柳川、白魚ごはん、
おすいもの、ソフトドリンクorハイボール
※今年はこのコースは無くなっていました

☆白魚コース A,B(3000円~)
白魚踊り喰い、白魚飴炊き、わらじあげ、白魚柳川、白魚茶碗蒸し、
白魚炊き込みごはん、白魚のおすいもの、フルーツ

スポンサードリンク
>>> オオサカ堂のアフィリエイト登録で¥1000進呈中


 
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0